第15回児童学習航海

彦根港にドラの音が響きます

救命胴衣をしっかりと身に着けます

青空の下での湖岸ウォークラリー

大津の街並みを見ながら出港します

児童代表のあいさつ

「うみのこ」の位置を確認します

「何のためにあるのだろう。」

夕食は「湖の子」ステーキディナー

白石を展望します

「この箱は何を入れるのかな。」

力を合わせて大なわに挑戦です

綱引き大会に力が入ります

滋賀県で一番長い橋は迫力満点です

▲朝焼けに染まる琵琶湖大橋港の朝

朝日を浴びて旗を掲揚します

「水のにごりの原因は何かな。」

ロープワークに挑戦します

名物「湖の子」カレーに大満足

元気な歌声で一日のスタートです

「プランクトンがたくさんいるよ。」

「なぜにごり方がちがうのだろう。」

来た時よりも美しく磨きます

琵琶湖の幸がいっぱいの朝食

シッティングバレーボール

班ごとに学習をまとめます

みんなの考えを交流します
今日見つけたプランクトン 見つけた ○  たくさん見つけた◎ 採取した場所  琵琶湖大橋港 
採取した時刻
 16時40分   
ミクロキスティス
(○)
アナベナ
(○)
オシラトリア
( )
ウログレナアメリカーナ
( )
オビケイソウ
(○)
ホシガタケイソウ
( )
スズキケイソウ
(  )
アウラコセイラ
(○)
イケツノオビムシ
(○)
オオヒゲマワリ
( )
タマヒゲマワリ
( )
ビワクンショウモ
( )
ミカヅキモ
(◎)
スタウラスツルム
(○)
ミクラステリアス
(○)
コスモクラディウム
( )
スナカラムシ
(  )
カメノコウワムシ
( )
         
 トゲナガワムシ
(○)
ドロワムシ
( ) 
ハネウデワムシ
(  ) 
ゾウミジンコ
(○) 
 カブトミジンコ
( )
ヤマトヒゲナガケンミジンコ
( )
【他に見つけたプランクトン】
スタウラストルムアースチスコン(和名:ツヅミモ) 
(資料提供:滋賀県琵琶湖環境科学研究センター)    
平成28年6月1日(水)〜6月2日(木)
乗 船 日
秦荘西小学校・愛知川東小学校日栄小学校・甲良西小学校
▲ びわ湖環境学習
▲ ふれあい体験学習
▲ 「湖の子」船内生活
▲ 琵琶湖の風景
▲ びわ湖環境学習
▲ ふれあい体験学習
〒520−0047 大津市浜大津5丁目1−7
  
滋賀県立びわ湖フローティングスクール 
TEL077−524−8225  FAX 077−524−8226
▲ 「湖の子」船内生活
▲ 滋賀の風景
乗 船 校
「深めよう絆 学ぼう琵琶湖 広げよう未来へ」
航海主題
航  路
【1日目】 彦根港〜(白石)〜大津港〜琵琶湖大橋港
【2日目】 琵琶湖大橋港〜長浜港
「湖の子」水調べの結果
下の数値は、文字板の文字が見えなくなる手前の距離です。(のマーク1つで10pです。)
彦根港沖 140p
白石付近 250p
大津港沖 100p