主なサポート活動内容

活動名 サポート内容
水のにごり原因調べ

児童が、顕微鏡を使って、琵琶湖に棲むプランクトンを観察することができるようにサポートします。

「湖の子」透視度調べ 専用の水槽(1.5mの長方形の水槽)を使って、水の色やにおい、透き通り具合などが、場所によって違いがあるかどうかを、児童が観察し、比べることができるようにサポートします。
カッター活動
(6月〜10月)
カッター艇の副艇長として乗船し、艇長の先生と一緒に、児童の活動をサポートします。
ロープワーク ロープを使って、簡単な結び方やくくり方などを紹介し、児童のサポートをします。
シジミのストラップづくり  シジミにパテを埋め込んだり、ストラップを通したりして、児童のシジミのストラップづくりをサポートします。
レクリエーションの紹介 特別航海などで、班のリーダーとなったり、レクリエーションを児童と共に行ったりすることにより、ふれ合い活動のサポートをします。
ウォークラリーでの支援 長浜や大津での寄港地活動で、児童の安全を確認しながら、ウォークラリーのサポートをします。