Dびわ湖環境学習後に、新たに疑問に思ったことや、さらに  詳しく知りたくなったものについて調べよう
・ワタカ以外にも、水草を食べる魚っているのかな。
・プランクトンウォッチングの時に見つけたものの他に、どんなプランクトンがいるのかな。
・びわ湖の固有種を守るために、どんなことができるかな。
E全ての生き物にとってよいびわ湖にするためにはどうした  らよいか考えよう
・透明できれいな水が良いと思っていたけれど、魚が生き   ていくためには、ある程度プランクトンが必要だとわかったよ。びわ湖がにごりすぎないように、ごみのポイ捨てを  しない。汚水を直接びわ湖に流さないなど、自分たちにできることを考えて生活していきたいな。
・外来魚が増えて、びわ湖の固有種が減っているという記  事があったので、外来魚についてさらに詳しく調べてみたよ。釣りをした時には、外来魚ボックスに入れるようにして、びわ湖の固有種を守っていきたいな。


・「水草も魚もプランクトンも、増えすぎても減りすぎてもいけないね。私たちにできることは何かな。」       
   @成果
水草の良い面を知っている児童は多かったが、大量繁茂により、大きな問題となっていることを知っている児童は少なかった。身近な環境問題について考えるよいきっかけとなった。
事前学習、乗船中の学習においてスライド資料を活用することにより、水草の大量繁茂が大きな問題となっていることがイメージしやすく、乗船中のワタカについての学習も理解しやすいようであった。
水草とワタカの学習を行うことによって、「ワタカにとっての良いびわ湖とは」→「全ての生き物にとって良いびわ湖とは」につなげやすかった。また、生き物が好きな児童が多く、興味・関心を持たせる上でも効果的であった。
事前学習時に、透明度の高いきれいな水がよいと考えていた児童が、びわ湖環境学習後の事後学習では、魚などの生き物にとっては、にごりの主な原因となるプランクトンも必要だと考えたり、水草は、びわ湖に棲む生き物にとってよいとばかり思っていた児童が、増えすぎると、日光をさえぎってしまい、酸素不足におちいったり、悪臭を出したりしてしまったりもするので、水草が増えすぎないように調整していくことが大切であると考えたりするなど、学習を進めていく中で、考えの変化を見ることができた。
プランクトンがいる、ある程度にごりのある水が良いという意見や、自分が泳ぐ時には、やっぱり透明な水がよいという意見などが出た。友だちとの意見の違いに気が付くことにより、様々な角度からびわ湖について考えることができた。 
   A課題
実際にワタカが水草を食べている姿を児童に見せたかったが、野生のワタカは警戒心が高く、人の目の前では水草を食べなかった。そのため、動画によってワタカが水草を食べる様子を確認した。 

  事前、乗船中、事後を見通した探究的な学習プログラムの1つである。
@事前に「人間にとって良いびわ湖とは」を考え、その後、水草とワタカについての学習を行う。
A乗船中に、プランクトンウォッチングや「湖の子」水調べなどのびわ湖環境学習を行い、その後、「全 ての生き物にとって良いびわ湖とは」を考える。「人間にとって良いびわ湖」と「全ての生き物にとって 良いびわ湖」との共通点や異なる点、矛盾点を挙げ、児童の考えの変化をおさえる。
B事後学習では、新たに出てきた疑問や課題を調べ、自分たちがどのようにびわ湖とかかわっていく かをまとめる。
 「○○にとっての良いびわ湖とは」を考えていくことにより、事前学習から事後学習までの児童の思考 の変化を捉え、「全ての生き物にとって良いびわ湖」を大切にしようとする心をはぐくむ。

<児童の声>

【学習展開】

スライド@
<1日目>
 琵琶湖大橋港 −−−−白石 −−−− 長浜港
 10:00発                     13:10着

<2日目>
 長浜港 −−−− 多景島−−−− 沖島水道 −−−− 琵琶湖大橋港
 11:15発                                  14:30着
学校での事後学習
※スライド資料1・2は、県水産課の資料を編集して作成しています。

@「人間にとって良いびわ湖とは」を考えよう
  ・飲めるぐらい水がきれい。
  ・魚や貝がいっぱい。
  ・ヨシがある。
A増えすぎた水草を減らす取り組みについて調べよう
  ・げんごろうや、スーパーかいつぶりUなどの船で刈取りをしているよ。
  ・貝びき漁船で根の部分から除去しているよ。
  ・ボランティアの方たちが、人の手で除去しているよ。   
学校での事前学習
【航路】

〒520−0047 大津市浜大津5丁目1−7  

 びわ湖フローティングスクール

TEL 077−524−8225  FAX 077−524−8226

【航海の特色】
水草などがあった方がいい生き物と、少ない方がいい生き物がいて、みんなが好むびわ湖にするのは難しいと思った。
人の心が弱いとびわ湖が汚れるから、ごみのポイ捨てをしないなど、きれいにするという意識をしっかり持つことが大切だと思った。
プランクトンを増やしすぎないようにして、人間にも、その他の生き物にもいいびわ湖にしたい。変えられるのは人間だけだから、ぼくも協力していきたい。
スライドA
【研究テーマ】 

 

       水草とワタカの関係について
        〜水草を食べるワタカをきっかけとして、
                  事後のびわ湖環境学習につなげていく探究的な学習のあり方
《びわ湖環境学習》
B水草とワタカについて考えよう
  ・ワタカは水草を食べるんだね。
  ・水草を減らす取り組みとして、ワタカの放流活動もしているんだね。
  ・ワタカを増やすためには、外来魚に食べられないようにしなくちゃい
  けないね。ヨシを植えたらどうかな。
C「全ての生き物にとってよいびわ湖とは」を考えよう
  ・水が透明すぎても、にごりすぎても良くないんだね。
  ・水草の量がちょうど良いぐらいがいいな。
  ・色々な種類の魚がいて欲しいな。
  ・やっぱりきれいな水がいいな。
                 ※イメージマップを使ったまとめ学習
 《学習の様子》

写真クリック


「『人間にとって良いびわ湖とは』を考え交流しよう」
・飲めるぐらいきれいな水。
・おいしい魚がいっぱい獲れる。
・くさくない。
「『全ての生き物にとって良いびわ湖とは』を考え交流しよう」
水が透明すぎても、にごりすぎていても良くない。
・水草の量もちょうどいいぐらい。
「実際にワタカを観察しよう」
・かわいいね。
・初めて見た。
・水草をいっぱい食べてね。

【指導者の声】
水草やワタカは子どもにとって、近いようで自分とは離れたものだが、びわ湖とは切っても切れない関係であり、また理解しやすいものであった。色々な環境問題がある中、最も身近になり、また考えやすく、考える余地のある教材だと思った。
児童は、本物のワタカに出会ってから、意欲的に調べることができ、「全ての生き物にとって良いびわ湖」について、子どもの言葉で学習することができた。
事前学習の時から、ワタカについて調べている児童がおり、その児童にとっては、当日実際のワタカを見られたことがとても印象に残ったということを、感想文や事後の会話などから感じることができた。また、事前学習で使用したパワーポイントの学習と、当日のびわ湖環境学習の内容が関連しており、児童にとって、とても理解しやすかったように思う。
【考察(研究の成果と課題)】

フローティングスクールでの学習